FC2ブログ

Entries

三川内焼

三川内焼。佐世保市三川内町にある磁器のまち。太閤秀吉の朝鮮の役で二十六代平戸藩主松浦鎮信が連れ帰った陶工「巨関」(こせき)が、平戸・中野で最初の窯入れをし中野窯といい、三川内焼が始まりました。良い陶石を捜し、巨関と息子の今村三之丞が落ちついた所が三川内です。その後、平戸藩の御用窯として200余年栄えました。明治維新後は、民窯として優れた技術が受け継がれ現在に至ります。その中の嘉久正窯さんにお邪魔しま...

Appendix

プロフィール

なかのひでたか

Author:なかのひでたか
every draw with all one's heart

長崎県生れの福岡県育ち

お酒はそこそこに呑んでます。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR